今の時代の最貧困女子の実態とは?

▼Sponsored Link




それが、「体を売る」という究極の仕事をしているにも関わらず、日給2万円すらあやうくなっているということです。

その原因は、貧困女子の増加と、「体を売ること」への障壁が低くなったことだとこの本では書かれていました。

これはわたしも感じていることですが、「こんなにかわいい子が?」「こんなに真面目そうな子が?」といった女の子までもが、ちょっとお金に困ったから、ちょっと贅沢したいからという理由で風俗に参入してきてしまっているのです。

そうなるとどうでしょう。

本当の最貧困女子は、「体を売る」という最終手段にでたにも関わらず、お客をとれずお金を稼ぐことができないという現実に陥ってしまっているのです

私のカウンセラー&支援の体験談
私は、最貧困女子や望まない妊娠をした女子などを支援する活動をしています。

したがって今回のテーマにした「最貧困女子」にもよく会っています。

彼女たちをなんとか支援したいと考えていますが・・・しかし、現実は非常に厳しいものです。

アルバイトをさがしたり、ネットでできる仕事を教えたりと、それぞれの子にできそうなことを一緒にさがしたり、一時的な滞在費の負担をしているのですが・・・とにかく彼女たちは努力が続かないのです。

はじめはものすごくそれがストレスであり、「ここまで手をさしのべているのに、どうして?」と私は悩み続けていたのですが。

考えてみれば、当然ですよね・・・。

2時間ほどで10000円を手に入れる世界にいたのです。その感覚から抜け出せない限り、時給1000円なんかで働けないのです。

普通にアルバイトをさがしている子なら時給1000円なんてとびつく金額にもかかわらず、彼女たちは「こんなにやって1000円?」と不満しか感じないのです。

そうして驚くほど根性がありません。

ちょっとやる気が出てきたかなと思ったり、「今回は本気で頑張りたいです」と意気込んでいる子でも・・・それが3日と続かないのです。

彼女たちが、金銭感覚を取り戻し、働くことの大変さを受け入れ、そして自分で家を借りて生活を成り立たせるという覚悟と、そこに責任や喜びを感じるようにになるまでには、本当に長い時間が必要です。

短く見積もって数年はかかっています。

支援する側もものすごく根気がいります。正直、子育てより大変です。

私が支援した女性たちもほとんどが彼氏をつくって逃げ出しました。そしてできちゃった結婚をした子が数人。また風俗に戻った子も数人。子供ができて彼氏に捨てられて、中絶の相談に来た子も一人いました。

全員10代後半~20代前半です。

頑張って社会復帰できた子は、エステの勉強をしながらエステサロンで働き始めた子や、メイクが好きで化粧品を扱う会社で働きだした子たちがいました。みな20代半ば~後半でした。

残念ながら、20代前半はまだ女として稼ぐことや、女として男性に養ってもらうことに可能性を見出してしまう傾向が強いようです。

20代後半になり、周りの子たちも結婚したり落ち着いてくると、働くことの大変さを受け入れられるようになる傾向にあると感じます。

彼女たちには、風俗時代の金銭感覚をすてるため、まずはこれまで付き合いがあった男性や、風俗関連の友人や、毒親レベルと判断できた場合は家族との縁を切ることから始めてもらっています。

それができると、いよいよもう自分で何とかしないといけないという覚悟が芽生えはじめ、そこから先は社会復帰までそれほど難しくなかった印象です。

今はどの業界も人手不足で、いくらでも就職先があるという状況です。

何とか、少しでも多くの貧困女子を救いたいと、これからも諦めずに声をかけていきたいと思います。

以前も記事にしましたが、こういった若者の闇をものすごくわかりやすく描いているのが「そこのみにて光輝く」という映画だと思います。よかったら見てみてください。

参考情報:【若者の闇】映画「そこのみにて光輝く」は底辺の若者を描いた映画

胸に響くもの、何か感じるものがあると嬉しく思います。

債務整理とは、借金を整理する方策です。

その方策には、任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、現在の状況を考慮の上、どの方法で解決していくかは弁護士や司法書士など専門家に相談するのが解決への第一歩となります。

債務整理をするうえですごく大事な3つのこと

まずは賢くなる

賢くなれば、債権者からの不当な攻撃や嘘の情報に全部惑わされる事なく、泣き寝入りする事もなく、常に自らを優位な立場に持っていく事ができます。

ローンをする事は悪い事ではないです。

堂々と嘘の情報に翻弄される事なく、返金を続けていく事が重要です。

今現在最も最先端の最高裁判所で管理している司法統計によると、平成27年の自己破産数は、全国で71533人でした。

任意整頓に関しては、裁判所を通さない私的な申込み手順であるため、その詳細な件数はわかりませんが、自己破産をした人の30倍〜50倍とも言われています。

そうすると、任意整頓を行った人数は、214万人〜357万人程度いたと推測されます。

ですから、自身だけだと落ち込まず、債務片付けのエキスパートに相談し、苦しい状況から脱する事がとても大切です。

本Webページでも多くの債務者のQ&Aに解答ていますし、今後も役に立つ情報をお届けしていきます。

苦しいと思ったらすぐに弁護士や法律の専門家に相談すること

一度相談することだけで肩の荷が降りるようにスッキリすることがあります。借金をすることは恥ずかしいことではありません。

病気の時に病院に行ったり、誰かに看病してもらうように1人で抱え込まず軽い症状のうちに債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の専門家に相談してください。

お金の心配は不要です。

本サイトで紹介しているおすすめの20事務所は、通常30分5,000円程度は必要となる相談料も、すべて初回相談料は無料の事務所です。

もちろん、債務整理に強い実績のあるおすすめの弁護士事務所・司法書士事務所だけがランクインしていますので、速やかに解決の道筋を立ててくれます。

当ホームページでは、任意整理等の具体的な費用や、弁護士・司法書士の事務所ごとの評判も調べてありますからについてもご参照ください。

自分の借金の状況を把握すること

ローンは増大してくると必然的に怖くなって、どれくらいのローンになっているのかさえ理解する事から逃げてしまいがちです。

おっしゃる通りどんどん膨らむローンと償還の督促はとても怖いです。

でも、弁護士や司法書士に話し合いすると決める事ができたのなら、自身のローンを水準を満たすまで理解してから相談しましょう。

的確な忠告をもらうためには、ローンの詳しい情報(債権者、債務代金、借入期間、利率等)を提示しない事には前には進みません。

前もってのローンの見極めとローンの相談が早期決着の道です。

無料で、なおかつ債務整理に強い弁護士に相談するのが一番早いです

法テラスでも無料で相談することができますが、債務整理の実績があったり、借金問題に強い弁護士がいるとは限りません。

また、法テラスは匿名で相談できたり、インターネットや電話での相談は原則的にできません。

そうや法律事務所が日本全国に対応してくれており、なおかつ日本一債務整理・借金問題に強い法律事務所です。


ここがポイント!

債務整理おすすめ事務所1位!

  1. 債務整理にかかる費用が業界最安値!!
  2. 任意整理着手金(初期費用)0円
  3. 相談は完全無料!
  4. 24時間・年中無休!
  5. 基本報酬2万円〜の圧倒的低料金
  6. Webからの無料相談と、電話でのフリーダイヤル相談あり。
  7. 土日も相談できるのは非常に嬉しい。
  8. 即日に督促・返済のストップも可能。
  9. 他事務所ではやっていない、相談者の多くが利用している代行弁済が可能。
  10. 債権者との間に事務所が入ってくれる安心システム!
  11. 20万件以上の相談実績
  12. 費用の分割払いに完全対応!

借金の問題を整理して、新しい人生を歩んでいきましょう。

▼Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です